壁掛けテレビにしたら「レコーダーはどうする?」

壁掛けテレビにした場合「レコーダー機器はどうするの?」

壁掛けテレビを検討すると必ず突き当たるのがレコーダーの置き場所問題です。カトー電器商会では「小型HDDで代替」「ウォールシェルフ(棚)」「使う時だけ接続」「Wi-Fi経由で録画・再生」そして「フロートテレビボード」など、さまざま方法をご提案しております。

意外にかさばるレコーダー機器

一般的なDVDレコーダーの画像
標準的なサイズのブルーレイレコーダー。円盤の大きさからもお分かりのように結構場所を取ります。背面に電源やアンテナ線を接続するため、実際はさらに奥行きを必要とします。

テレビの壁掛けを考えた際、避けて通れないのがDVDレコーダーやゲーム機の置き場所です。番組の録画はもちろん、DVDの再生、録画番組の書き出しなど、あると便利な機器なのですが、テレビの壁掛けを考えると

「この子の置き場所は…どうしよう?」

と悩んでしまうのも事実。そんな中、カトー電器商会ではお客様の生活スタイルに合わせて、さまざまな方法をご提案しております。そのうちのいくつかをご紹介しましょう。

テレビ台を併用

いまお使いのテレビ台を壁掛け後もそのままつい買い続ける案です。

壁掛けしたあとも引き続きテレビ台を使い続ける案です。レコーダーやゲーム機はテレビ台の中に収納。既存のテレビを壁掛けにされた方の多くがこの案を選ばれています。

  • 番組の録画・再生…〇
  • DVD・BDの再生…〇

小型HDDをテレビ背面に

小型のハードディスクをテレビの背面に取付け、そこに番組を録画する案です

小型のハードディスクをテレビ背面に設置して番組を録画します。ポータブルな2.5インチハードディスクなら、テレビと壁の隙間に設置することが可能です。

  • 番組の録画・再生…〇
  • DVD・BDの再生…×

ウォールシェルフ(棚)

棚を設置し、そこにレコーダ親ゲーム機類を置きます。

レコーダー専用の棚を壁に設置します。小さなお子さんがいらっしゃるご家庭ではテレビの上に取り付けるのが人気。棚にもコンセントパネルを新設し、配線は壁内を通すのがきれいに見せるポイントです。

  • 番組の録画・再生…〇
  • DVD・BDの再生…〇

使うときだけ接続

HDMI専用コンセントを作り、使うときだけここに接続する案です

HDMIケーブルを壁内に通し、接続口を床上に準備しておきます。ゲーム機などは普段しまっておき、使う時だけ繋げます。ゲーム機やPCをつなぎたい方、ごくまれにプレステなどでDVDを見る方におすすめです。

  • 番組の録画・再生…〇
  • DVD・BDの再生…〇

テレビとWi-Fi接続

テレビのレコーダーをWiFi(無線)で接続する案

TVとレコーダー機器をWiFi(無線)で接続します。WiFi経由で離れた場所にあるレコーダーで番組を録画・再生できるのがメリットですが、DVDやブルーレイの再生には対応しておりません。

  • 番組の録画・再生…〇
  • DVD・BDの再生…×

レコーダー内蔵テレビ

三菱のブルーレイ内蔵テレビを壁掛けにする案です

「テレビ本体にブルーレイが入ればいいのに」と思った方はこちら。三菱のテレビにはブルーレイドライブを内蔵したモデルが用意されています。本体の厚みがあるため壁掛けには専用の金具が必要です。

  • 番組の録画・再生…〇
  • DVD・BDの再生…〇

フロートテレビボード「SORA」

カトー電器商会オリジナルのフロート家具「SORA」のご提案です。

壁掛けテレビの究極案。カトー電器商会オリジナル商品「SORA」はテレビもレコーダーもゲーム機も、そしてDVDなどのメディアまでも、全部まとめて壁面に収納できます。

  • 番組の録画・再生…〇
  • DVD・BDの再生…〇