壁掛けテレビでレコーダーはどうする?→「使うときだけ接続」案

床上のコンセントパネルにHDMIの接続口を作り、使うときだけ接続する案です。
テレビの上に棚を設置し、レコーダー機器類を置いた例。テレビ台を置かないとリビングは想像以上に広くなります。

「使うときだけ接続」案

ゲーム機やレコーダーなどは普段は外しておき、使うときだけ接続するという案です。

テレビ番組は先に紹介したテレビ背面の小型ハードディスクに録画し、DVDやブルーレイなど円盤を再生する時は、レコーダー(もしくはプレステなど再生機能を持ったもの)を出してきて、テレビと接続します。レコーダーよりも、むしろプレステなどのゲーム機を多数お持ちの方がこの方法を選ばれています。

ケーブルの接続口を用意して使うときだけ接続する例
レコーダーのよう名繋ぎっぱなしの機器ではなく、パソコンやゲーム機など「その都度つなぐ」ための接続口です。HDMIケーブルの他、USBケーブルなども作っておけます。

長所は「抜き挿し自由」

使うときだけ接続するために、床上のコンセントパネルからHDMIケーブル取り出した例
テレビの上に棚を設置し、レコーダー機器類を置いた例。テレビ台を置かないとリビングは想像以上に広くなります。

カトー電器商会の壁掛けテレビでは、床上のコンセントからテレビ裏までケーブルを通すことが良くあります。この経路を使えば床上にHDMIの接続口が用意できるのです。こうしておくと、ゲーム機やパソコンなど接続し、テレビに映像を映し出せるようになります。

「部屋は出来るだけスッキリさせておきたい」から「ゲーム機などは、その都度テレビにつないで使いたい」

そんな方から高い評価をいただいております。この「使う時だけ接続」は

  • テレビ番組の録画はUSBの外付けHDDで
  • ブルーレイやDVDの再生に限ってはプレステやポータブルプレイヤー、パソコンなどを繋いで視聴。

…といった使い分けをされるのが一般的です。

DVDをよく見るご家庭には不向きかも?

床上のコンセントパネルからHDMIケーブルを引き出して待機している写真
テレビの上に棚を設置し、レコーダー機器類を置いた例。テレビ台を置かないとリビングは想像以上に広くなります。

繋ぎっぱなしではなく、その都度繋ぐスタイルとなりますので、頻繁にDVDを視聴される方・ゲームをされる方には不向きといえるかもしれません。

専用コンセントでよりスマートに

HDMI専用コンセントパネルの写真。こちらの方がよりスマートですね。
壁内からHDMIケーブルを引っ張り出すのではなく、よりスマートに専用のパネルを作ることもできます。

壁内からHDMIケーブルを出すのではなく、壁面にHDMI用の挿込口を作ってしまう方法もあります。スマートですっきりした外観を実現できますが、多くの場合既存のコンセントパネルを触ることになりますので、第二種電気工事士の資格が必要となります。カトー電器商会の壁掛けテレビでは電気工事士の有資格者が工事にあたりますので、写真のような専用挿込口をご希望の方はその旨お伝えください。

カトー電器に診てもらおう!

スマホでお部屋の壁を撮影して、専用フォームからUPすれば、専門スタッフ壁掛け可能かどうか確認します。壁掛け可能であれば、必要な金具、ケーブル類もあわせて、お見積もりをメールでお送りします。

無料壁掛け診断フォームへ