壁掛けテレビで配線はどうする?→「壁面にHDMIコンセント」案

壁面にHDMIコンセント

壁内配線(HDMI専用コンセント)

テレビを壁掛けにした後も、テレビ台(テレビボード)は引き続き使い続ける例
床上にHDMIコンセントを新設し、ここにゲーム機などを繋ぎます。使わないときは線を外して片付けてしまえばテレビ周りはスッキリ、番組録画はテレビ背面に隠した小型ハードディスクで行うのが人気です。

「壁掛けテレビの周りには極力何も置きたくない」「でもレコーダーやゲーム機は繋ぎたい」という方には、HDMIコンセントパネルの新設がおすすめです。このコンセントを床上に新設することで、ゲーム機やDVDプレイヤーを「使うときだけつなぐ」「使わないときは外して片付けておく」といった使い方が出来るようになります。特にお子さんがいらっしゃるご家庭なら「ゲームで遊ぶときはつなぐ」「遊び終わったら外して片付ける」というメリハリのある遊び方を教えることが出来ます。

HDMIも壁内を通ってテレビと接続

テレビボードの収納された大量のDVDやブルーレイのディスク
写真は既存のコンセントを加工し、左上にHDMIの端子を増設した例。100ボルトのコンセントを加工しますので電気工事士の資格が必要です。

テレビを壁内配線にする際、HDMIケーブルも壁内を通します。片方はテレビに接続し、反対側は専用コンセントパネルに接続します。ゲーム機やDVDプレイヤーをコンセントパネルに接続するとテレビに映像が出力されます。100Vのコンセントを加工する都合上、電気工事士の資格が必要となりますが、カトー電器のスタッフは有資格者ですので安心してお任せいただけます。

番組録画はUSBハードディスクで

テレビボードの収納された大量のDVDやブルーレイのディスク
小型のUSBハードディスクをテレビ背面に取り付け、番組の録画・再生はこちらに任せるのも一つの手です。小型ハードディスクはアダプターも必要としないのでテレビ周りをスッキリ収めることが出来ます。

番組の録画のたびに、レコーダー機器を繋げるのは面倒です。そのためHDMIコンセントを採用される方の多くがテレビの背面に小型ハードディスクの設置を希望されます。小型ハードディスクなら電源アダプタを必要とせず、場所も取らないため、テレビの波面に取付が可能。番組の録画や再生はこちらに任せてしまおうというものです。

DVDなどを頻繁にレンタルされる方にとっては、その都度レコーダーを繋ぐのは面倒ですのでおすすめしかねますが、円盤メディアはそんなに見ないという方、何よりテレビ周りに何も置きたくないという方には、おすすめの配線案と言えます。

スマホで簡単。見積もり相談

カトー電器に診てもらおう!

面倒な配線経路はカトー電器にご相談ください。スマホでお部屋の壁を撮影して専用フォームから写真をUPすれば、専門スタッフ壁掛け可能かどうか確認。壁掛け可能であれば、必要なケーブルやや壁掛け金具もあわせてお見積もりをメールでお送りします。

無料壁掛け診断フォームへ